サービスの特徴としては?

---パートナーエージェントのサービスの特徴などについて教えてください。

一対一の担当がつくということです。業界で見ると当たり前のように思われているのですが、実は違ったりします。

コンシェルジュのアドバイス

我々は毎月25000円〜30000円の料金を頂いており、同業他社よりも高めとなっているのですが、高めの金額を頂く理由が、この担当者がきちんとサポートしていくことですね。

サービスを開始したのが2007年2月からとなっており、現在2年以上経過して、成婚率も毎年上昇しており、非常に成果は出ています。

---なぜ高い成婚率を出せているのでしょうか?

業界に6年間いたのですが、ゼロからサービスを考えてみようと思いました。「そもそもマッチングって何だ?」というところから考えましたね。

そこでヒントを得たのが人材紹介会社のマッチングシステムです。私自身の経験だったのですが、人材バンクに登録して仕事を探すときにキャリアカウンセラーの方がたまたますごく優秀な方だったんですよ。

普通は自分のキャリア、経験、年齢、自分の将来、やりたい職種とかを企業側とマッチングするわけですが、そのキャリアカウンセラーの方は、「佐藤さんのような方はこういう経営者のほうが合うと思いますよ?」「こういう仕事のほうが燃えると思いますよ?」と、まさに私の特性を活かしたマッチングをしてくれたんです。

結果、面接に行った企業がすべてしっくり来たんですよ。

ワタシは昔から父親に「オマエは大企業は合わない、小さいお山の大将になれ!」とか言われていたのですが、まさにその通りで、マッチングとはこうあるべきなんだろうな〜というトコロからヒントを得ました。

希望条件、年齢、職業といったマッチングだけなら、「それってインターネットで全部出来るんじゃないのか?」って思ったわけですよ。

たとえば自分が誰か友達を紹介するときに「いや〜、コイツは年収いくらで、長男で資産持っていて、大卒で・・・」って紹介は絶対しないわけですよ(笑)

僕と彼が出会ったエピソードの話とかをするわけですよね。「いや、コイツちょっと変わっているけど、めっちゃ性格は良くて・・・」といったカンジですね。

このように、人の紹介ってのはこうするだろう?ってのが我々のサービスの基本的なコンセプトとなっています。

担当者がつくというのは、「お客様のことはちゃんと担当者が知ろうよ」となったうえで「担当者の言葉で相手に紹介してあげようよ」とか、「そういった希望条件はどこまで取るべきなのか?」といったコンセプトを考えていくうえで、一対一が一番良いだろうとなりました。

結婚情報

関連エントリー

 
Copyright © 2011 婚活Q&A 【 パートナーエージェントへ直撃インタビュー! 】. All rights reserved